ブックタイトル京銘竹2018年総合名品集

ページ
66/82

このページは 京銘竹2018年総合名品集 の電子ブックに掲載されている66ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京銘竹2018年総合名品集

土壁伝承された配合、本物の土壁、優雅と安らぎの空間厚さ2mm以内で仕上げ、梨地子肌に仕上げる、最も素朴で上品な土壁の代表壁です。従来品本聚楽土セット一坪用(3.3m 2)〈内装用〉品番KAB-A-1品名本聚楽土(聚楽仕上げ)セット寸法単位設計単価茶室用材本聚楽土みじん砂みじん?つのまた糊和合品5m 2用3.3m2用セット27,300▼時を経るほどに増す、深い味わい。天然粉つのまたを使用し、従来品の上記4点セットを一剤型に配合したセット品になります。品番品名KAB-A-1W本聚楽土(聚楽仕上げ)セット寸法単位設計単価和合品(5m2用)セット32,800■聚楽仕上げ本聚楽土セット聚楽仕上げには水ごねと糊土に分かれます。〈水ごね〉水ごねとは、粘土質の良い色土とみじん砂、みじんすさとを適量に混ぜ合わせ、糊は入れず厚み約2~3mmぐらいで、水もちの良い土(粘土が豊富な土)で水が引かない内に一発仕上げをし、なおかつ鏝波がないように仕上げなければならなく、非常に技術のいる壁です。年月と共に締まり、何十年と寿命があり内外部に使用できます。〈糊土〉粘土は、糊ごねと糊さしとに分かれます。糊ごね…糊ごねは、色土とみじん砂、みじんすさ、水をほとんど入れず糊だけで練り合わせます。糊さし…糊さしとは、色土とみじん砂、みじんすさ、そして水を入れて補助的に糊を入れる。本商品は糊さしを使用しています。糊を入れた場合は、外部の使用はさけ、内部用として使用してください。●別途マニュアル書があります。65